バルデナフィルはジェネリックで手に入れるとお得

バルデナフィルのジェネリックに関する情報を厳選してお伝えします

バルデナフィルで糖尿病EDも改善できる

バルデナフィルの特徴

バルデナフィルは塩酸塩水和物の一種で、色は白色または少し黄色がかった結晶性の粉末状の物質です。
ED治療薬の成分として利用されており、その先発薬となっているのがレビトラで、最近では後発薬のジェネリック医薬品も登場するようになりました。
水やエタノールに比較的溶けやすい性質を持っておりバイアグラやシアリスなどのED治療薬では持ち合わせていない特質を持っています。
他のED治療薬に比べて効き目が早いのが特徴で、空腹時に服用すれば20分程度で作用し始め、最高血中濃度に達するまで42分~54分と、代表的なED治療薬の中では抜群の即効性を誇っているのです。

どのように改善をもたらすか

バルデナフィルは、EDに対してどのように働きかけるのでしょうか。
そもそも勃起というのは、性的刺激を受けることで一酸化窒素が発生し、陰部の細胞内にcGMPという血管拡張物質が増え、陰部に血液が集中することでもたらされます。
一方、PDE5という酵素がcGMPを破壊すると、血管が収縮してしまい勃起が収まってしまいます。
バルデナフィルには、勃起の持続性を邪魔するPDE5を壊すことにより、勃起を維持する働きが認められています。

気になる副作用への対応

薬にはどんな薬であっても何らかの副作用がありますが、バルデナフィルも薬の成分ですので当然ながら副作用があります。
特に即効性が高い分、体への影響力も強いため、利用者の約9割に何らかの副作用が予想されます。
顔がほてる、目が充血する、鼻がつまったり鼻水が出る、頭痛や動機を感じるといったものです。
これらの症状は通常は心配するものではなく、多少のほてりや充血などは成分が効いている証拠ともいえるかもしれません。

糖尿病に基づくEDにも効き目がある

もう1つの注目ポイントとして、糖尿病による勃起不全を改善させる効果が期待できます。
血中の血糖値のコントロールが効かなくなることがEDをもたらすと言われており、糖尿病患者の中にはEDに悩まされている人が少なくありません。
様々あるED治療薬のなかでも、唯一、糖尿病性のEDに効果があるのがこのバルデナフィルなのです。