バルデナフィルはジェネリックで手に入れるとお得

バルデナフィルのジェネリックに関する情報を厳選してお伝えします

ED治療薬はEDを回復させる治療法の一つ

レビトラの主要成分バルデナフィル

ED治療薬として有名なのがバイアグラですが、バイアグラの他にもED治療薬はあります。
バイアグラに遅れて開発されたシアリスやレビトラがそうです。
知名度の高いバイアグラの影に隠れていますが、EDに悩む男性のなかにはバイアグラよりもシアリスやレビトラを愛用されている方が多いくらいです。
この2つのED治療薬は、副作用が少ないとの報告もあり、使いやすさでも選ばれています。
そのなかでも、レビトラは、効果が発現するまでが短く、しかも持続時間が長いため多くの愛用者がいます。
そのレビトラの主要成分がバルデナフィルです。

バルデナフィルの価格比較

レビトラの主要成分はバルデナフィルですが、まったく同じ主要成分のジェネリックが数多くあることをご存知でしょうか。
もっとも有名なのがバリフですが、その他にもベルデナフィルやジェビトラなどがあります。
新薬と違い、ジェネリックは価格が安いことがメリットです。
実際、レビトラ20mgの価格は4錠で8,400円前後ですが、バリフ20mgなら10錠で840円ほどです。
その他のものもバリフとほとんど同じ価格帯であるため、レビトラよりもかなり安価に手に入れることができます。
レビトラの特許はまだ切れていないはずなのに、どうしてこのようなジェネリックがあるのでしょうか。

インドの特殊事情

インドでは、日本や欧米とは違った特許の考え方をしていました。
成分特許を認めず、製造特許しか認められないため、同じバルデナフィルを配合したさまざまなジェネリックが合法的に登場したのです。
しかも、インドを代表する大手製薬メーカーが製造しているため、安心して服用することができます。
インドでは、貧しい国民に医薬品を行き渡らせるため、長くこのような政策を取ってきました。

日本で手に入れるには

日本でバルデナフィルのジェネリックを手に入れるには、自分で個人輸入をするか、個人輸入代行サービスを利用するしか方法はありません。
安価に手に入れることができれば、気軽にED治療をすることができると、多くの方が個人輸入代行サービスを利用して手に入れています。