バルデナフィルはジェネリックで手に入れるとお得

バルデナフィルのジェネリックに関する情報を厳選してお伝えします

バルデナフィルの効果

バルデナフィルは別名PDE5阻害薬

バルデナフィルにはどんな効果があるの?

ベッドの上で自分が不能であることを知った場合、多くの男性が自己嫌悪に陥ってしまうのではないでしょうか。
しかし、現在はそんなED症状に効果的な治療薬があります。
通常、男性は性的刺激を覚えると、陰茎部が固く張り詰めた状態になるのですが、EDの場合だとそれが不能になってしまいます。
不能になってしまう原因には、勃起症状を阻害する酵素が働いているからです。
心理的なものや神経や血管などの問題でPDE5と呼ばれる酵素が勃起をするのを邪魔してしまうからです。
しかしバルデナフィルという成分には、このPDE5の働きを邪魔する効果があるため、服用すれば約7割から9割という高確率で勃起を促す働きがあるのです。

バルデナフィルを主成分とするレビトラ

バルデナフィルを主成分とするED治療薬にはレビトラがあります。
レビトラはバイアグラと同じ効果があり、原理はバイアグラと同じPDE5の働きを阻害することにあります。
製造会社は、ドイツにあるバイエル薬品で、レビトラと呼ばれたり、一般名でバルデナフィル塩酸塩水和物と呼ばれることもあります。

レビトラを安く手に入れるには

バルデナフィルを主成分とするレビトラを安く手に入れるには、やはりジェネリック製品を購入するのが一番でしょう何故同じ主成分であるにも関わらずジェネリック製品は安いのでしょうか?
その秘密は、薬を発明し販売した会社がその薬の特許権を取ると、特許権はおよそ二十年から二十五年間は有効になります。
これ以前に開発された薬であれば、特許権がないので、薬を開発したときの開発費などを販売価格に上乗せされていないため、安く購入することができるのです。
そのためレビトラのジェネリック製品であれば、十分の一から五分の一ぐらいの安値で手に入れることができるのです。

レビトラジェネリック製品にはこんなものがあります

レビトラのジェネリック製品には、バリフや、サビトラ、CIPVARがあります。
レビトラと同じ成分や効果があるので、安いジェネリック製品を利用しない手はないでしょう。
新薬の特許期間が切れているだけであり、品質も安全面もしっかりと保証されているので、身体的な害もありませんので、安心して飲み続けることができます。

ED治療薬はEDを回復させる治療法の一つ

レビトラの主要成分バルデナフィル

ED治療薬として有名なのがバイアグラですが、バイアグラの他にもED治療薬はあります。
バイアグラに遅れて開発されたシアリスやレビトラがそうです。
知名度の高いバイアグラの影に隠れていますが、EDに悩む男性のなかにはバイアグラよりもシアリスやレビトラを愛用されている方が多いくらいです。
この2つのED治療薬は、副作用が少ないとの報告もあり、使いやすさでも選ばれています。
そのなかでも、レビトラは、効果が発現するまでが短く、しかも持続時間が長いため多くの愛用者がいます。
そのレビトラの主要成分がバルデナフィルです。

バルデナフィルの価格比較

レビトラの主要成分はバルデナフィルですが、まったく同じ主要成分のジェネリックが数多くあることをご存知でしょうか。
もっとも有名なのがバリフですが、その他にもベルデナフィルやジェビトラなどがあります。
新薬と違い、ジェネリックは価格が安いことがメリットです。
実際、レビトラ20mgの価格は4錠で8,400円前後ですが、バリフ20mgなら10錠で840円ほどです。
その他のものもバリフとほとんど同じ価格帯であるため、レビトラよりもかなり安価に手に入れることができます。
レビトラの特許はまだ切れていないはずなのに、どうしてこのようなジェネリックがあるのでしょうか。

インドの特殊事情

インドでは、日本や欧米とは違った特許の考え方をしていました。
成分特許を認めず、製造特許しか認められないため、同じバルデナフィルを配合したさまざまなジェネリックが合法的に登場したのです。
しかも、インドを代表する大手製薬メーカーが製造しているため、安心して服用することができます。
インドでは、貧しい国民に医薬品を行き渡らせるため、長くこのような政策を取ってきました。

日本で手に入れるには

日本でバルデナフィルのジェネリックを手に入れるには、自分で個人輸入をするか、個人輸入代行サービスを利用するしか方法はありません。
安価に手に入れることができれば、気軽にED治療をすることができると、多くの方が個人輸入代行サービスを利用して手に入れています。

バルデナフィルで糖尿病EDも改善できる

バルデナフィルの特徴

バルデナフィルは塩酸塩水和物の一種で、色は白色または少し黄色がかった結晶性の粉末状の物質です。
ED治療薬の成分として利用されており、その先発薬となっているのがレビトラで、最近では後発薬のジェネリック医薬品も登場するようになりました。
水やエタノールに比較的溶けやすい性質を持っておりバイアグラやシアリスなどのED治療薬では持ち合わせていない特質を持っています。
他のED治療薬に比べて効き目が早いのが特徴で、空腹時に服用すれば20分程度で作用し始め、最高血中濃度に達するまで42分~54分と、代表的なED治療薬の中では抜群の即効性を誇っているのです。

どのように改善をもたらすか

バルデナフィルは、EDに対してどのように働きかけるのでしょうか。
そもそも勃起というのは、性的刺激を受けることで一酸化窒素が発生し、陰部の細胞内にcGMPという血管拡張物質が増え、陰部に血液が集中することでもたらされます。
一方、PDE5という酵素がcGMPを破壊すると、血管が収縮してしまい勃起が収まってしまいます。
バルデナフィルには、勃起の持続性を邪魔するPDE5を壊すことにより、勃起を維持する働きが認められています。

気になる副作用への対応

薬にはどんな薬であっても何らかの副作用がありますが、バルデナフィルも薬の成分ですので当然ながら副作用があります。
特に即効性が高い分、体への影響力も強いため、利用者の約9割に何らかの副作用が予想されます。
顔がほてる、目が充血する、鼻がつまったり鼻水が出る、頭痛や動機を感じるといったものです。
これらの症状は通常は心配するものではなく、多少のほてりや充血などは成分が効いている証拠ともいえるかもしれません。

糖尿病に基づくEDにも効き目がある

もう1つの注目ポイントとして、糖尿病による勃起不全を改善させる効果が期待できます。
血中の血糖値のコントロールが効かなくなることがEDをもたらすと言われており、糖尿病患者の中にはEDに悩まされている人が少なくありません。
様々あるED治療薬のなかでも、唯一、糖尿病性のEDに効果があるのがこのバルデナフィルなのです。