バルデナフィルはジェネリックで手に入れるとお得

バルデナフィルのジェネリックに関する情報を厳選してお伝えします

バルデナフィルは別名PDE5阻害薬

バルデナフィルにはどんな効果があるの?

ベッドの上で自分が不能であることを知った場合、多くの男性が自己嫌悪に陥ってしまうのではないでしょうか。
しかし、現在はそんなED症状に効果的な治療薬があります。
通常、男性は性的刺激を覚えると、陰茎部が固く張り詰めた状態になるのですが、EDの場合だとそれが不能になってしまいます。
不能になってしまう原因には、勃起症状を阻害する酵素が働いているからです。
心理的なものや神経や血管などの問題でPDE5と呼ばれる酵素が勃起をするのを邪魔してしまうからです。
しかしバルデナフィルという成分には、このPDE5の働きを邪魔する効果があるため、服用すれば約7割から9割という高確率で勃起を促す働きがあるのです。

バルデナフィルを主成分とするレビトラ

バルデナフィルを主成分とするED治療薬にはレビトラがあります。
レビトラはバイアグラと同じ効果があり、原理はバイアグラと同じPDE5の働きを阻害することにあります。
製造会社は、ドイツにあるバイエル薬品で、レビトラと呼ばれたり、一般名でバルデナフィル塩酸塩水和物と呼ばれることもあります。

レビトラを安く手に入れるには

バルデナフィルを主成分とするレビトラを安く手に入れるには、やはりジェネリック製品を購入するのが一番でしょう何故同じ主成分であるにも関わらずジェネリック製品は安いのでしょうか?
その秘密は、薬を発明し販売した会社がその薬の特許権を取ると、特許権はおよそ二十年から二十五年間は有効になります。
これ以前に開発された薬であれば、特許権がないので、薬を開発したときの開発費などを販売価格に上乗せされていないため、安く購入することができるのです。
そのためレビトラのジェネリック製品であれば、十分の一から五分の一ぐらいの安値で手に入れることができるのです。

レビトラジェネリック製品にはこんなものがあります

レビトラのジェネリック製品には、バリフや、サビトラ、CIPVARがあります。
レビトラと同じ成分や効果があるので、安いジェネリック製品を利用しない手はないでしょう。
新薬の特許期間が切れているだけであり、品質も安全面もしっかりと保証されているので、身体的な害もありませんので、安心して飲み続けることができます。