バルデナフィルはジェネリックで手に入れるとお得

バルデナフィルのジェネリックに関する情報を厳選してお伝えします

レビトラを個人輸入で格安購入する時のチェックポイント

レビトラを格安で購入する事の注意点
レビトラは日本バイエル製薬から販売されていますので、国内製の安心ブランドとしても評価が高いED治療薬です。しかし価格はそれなりに高目で、1錠当たり1,500~2,000円となります。また日本では法律上医師の処方が義務付けられていて、購入は正規の薬局からとなり、しかも保険適用外で自己負担ですから定価購入になってしまいます。ED治療ではなく、精力・勃起力アップが目的で利用している方にとっては薬代もバカにならないでしょう。それで最近は安価なジェネリック薬品の利用者が増えているのですが、レビトラのジェネリック薬品は2017年現在で国内での取り扱いがないために、利用者は個人輸入で海外から購入します。

実はネット通販などの個人輸入代行サービスにはいろいろと問題がある事を知っているでしょうか?ネット上では1錠500円前後でもレビトラジェネリックが販売されているのですが、ちゃんとチェックをしないととんでもない偽物を掴まされてしまう事があります。特に中国製やインド製の海外版レビトラ・ジェネリックの中には、有効成分のバルデナフィルが殆ど配合されていない粗悪品があります。それではちゃんとした効果が発揮されません。あるいは、全くバルデナフィルが入っていない偽造レビトラも出回っています。そして最も危険な点として、コストカットのために廃棄薬を混入させて販売しているメーカーもあります。これは製薬会社の常套手段で、売れなくなった薬や毒性の強い未認可の薬を処分するために、黙って格安薬品に混ぜ込んでしまう事があるのです。こういった危険薬を知らずに服用してしまえば、場合によっては健康被害を受ける可能性もあります。この点に関しては、厚生省のホームページでも注意勧告がなされています。海外で販売されている未承認の薬品を個人輸入する事は合法ですが、強い副作用による健康被害などが実際に報告されているので確かめておくべきでしょう。また個人輸入の場合はどのような被害が生じても自己責任となります。レビトラジェネリックなどの海外モノを利用する際は十分にチェックをしてからにしましょう。
また、スーパージェビトラなどのレビトラジェネリックも通販で登場しています。