バルデナフィルはジェネリックで手に入れるとお得

バルデナフィルのジェネリックに関する情報を厳選してお伝えします

バルデナフィルのジェネリックに関する情報を厳選してお伝えします

レビトラの有効成分はバルデナフィル

EDで悩んだら治療薬の利用を検討しよう

EDはどんな男性にも起こり得る話です。
睡眠や食事内容、運動等によっても改善する事はありますが、最も即効性があり効果的な方法がED治療薬の利用です。
現在日本の病院では3種類処方されています。
さらにインターネットを利用すればそれらのジェネリックも手に入れる事ができるので、一度利用してみてはいかがでしょうか。
悩んでいるよりもまずは改善する努力をしてみる事、それがEDを解決する為にも必要な事です。

小粒のレビトラ

ED治療薬の中でも最も小粒の物がレビトラです。
錠剤を飲むのが苦手だと言う人でも十分飲む事ができるでしょう。
また何よりすごいのは即効性があると言う事です。
服用してから早い人であれば20分程で効果を感じる事ができます。
性行為の直前に飲んでも効果が発揮されるし、小粒なので飲んでいることをパートナーに知られにくいとも言えるでしょう。
こっそりEDを改善したい人にも、レビトラはお勧めです。

レビトラの有効成分はバルデナフィル

ED治療薬にはそれぞれ有効成分と言うのがあります。
レビトラの場合はバルデナフィルです。
これを配合しているので、EDを改善する事ができます。
日本の病院ではまだ処方されませんが、海外では多数のジェネリックも開発販売されています。
有効成分であるバルデナフィルも配合されているので、同じ効果が期待できる物です。
開発費用等が必要ないので、価格は先発医薬品に比べると安価になっています。
ED治療薬は性行為の度に飲む必要があるので、医療費を安く押さえたいという人はジェネリックの利用を検討してみてはいかがでしょうか。

ジェネリックを手に入れる為には

レビトラのジェネリックは、現時点では日本の病院で処方されません。
しかし手に入れる事ができないわけではなく、海外医薬品の個人輸入を活用すれば簡単に手に入れる事が可能です。
自分で海外まで買いに行くこともできますが、言語等の面を考えると少々ハードルが高くなってしまうかもしれません。
そんな時は海外医薬品の輸入代行業者を利用してみましょう。
薬の費用だけで自宅まで届けて貰えるので、とても便利です。

レビトラのジェネリックを選ぶなら

即効性の高いレビトラ

国内でもED治療は積極的に行なわれていますが、多くの場合はED治療薬の処方が行なわれます。
勃起不全の原因となる酵素の働きを阻害し、勃起に十分な血流を確保しやすくなるなど、それぞれ同じような働きを持っていますが、効果の出方や持続時間には違いがあります。
できるだけ早く、即効性を期待したいという場合に良く選ばれているのレビトラです。
主成分はバルデナフィルとなっており、こちらは水に溶けやすい成分です。

レビトラの特徴を知る

レビトラは、バイアグラやシアリスに比べて即効性が高いことで知られていますが、バイアグラと比べて食事の影響を受けにくいことでも知られており、使いやすい薬となっています。
薬の購入はED治療を行なう医療機関で行なわれています。
診察は問診が中心で特に性器を見せたりする必要もなく、それぞれの症状や好みに合う薬が処方されます。
レビトラを希望する場合は医師に伝えておきましょう。
レビトラは性行為前の1時間ほど前に飲む薬で空腹の場合はより早く効果を出すことができます。

より安く購入するには

レビトラは優れた薬ですが、効果は飲んでいるときのみですので、継続して購入していくことになります。
そして薬は保険適用ではありませんので、購入費が負担となってしまうこともあります。
薬を安く購入する方法としてはジェネリックを選ぶという方法がありますが、レビトラのジェネリックはまだ国内では販売されていません。
とはいえ、海外ではすでにバルデナフィルが有効成分の同じような効果効能がある薬がすでに低価格で販売されています。

個人輸入で購入する

バルデナフィルを有効成分とする海外医薬品を購入する方法としては個人輸入があげられます。
インターネット上には海外医薬品の個人輸入代行業者が多く存在し、効したサイトから注文すると個人輸入初心者の人も手軽に薬を入手することができます。
ジェネリックを選ぶと同じ成分の薬がより安く購入でき、病院に通う手間もなくなります。
安全に使うためにも過剰に飲んだりせず病院で処方される薬と同じように正しい使い方を心がけましょう。

バルデナフィルで糖尿病EDも改善できる

バルデナフィルの特徴

バルデナフィルは塩酸塩水和物の一種で、色は白色または少し黄色がかった結晶性の粉末状の物質です。
ED治療薬の成分として利用されており、その先発薬となっているのがレビトラで、最近では後発薬のジェネリック医薬品も登場するようになりました。
水やエタノールに比較的溶けやすい性質を持っておりバイアグラやシアリスなどのED治療薬では持ち合わせていない特質を持っています。
他のED治療薬に比べて効き目が早いのが特徴で、空腹時に服用すれば20分程度で作用し始め、最高血中濃度に達するまで42分~54分と、代表的なED治療薬の中では抜群の即効性を誇っているのです。

どのように改善をもたらすか

バルデナフィルは、EDに対してどのように働きかけるのでしょうか。
そもそも勃起というのは、性的刺激を受けることで一酸化窒素が発生し、陰部の細胞内にcGMPという血管拡張物質が増え、陰部に血液が集中することでもたらされます。
一方、PDE5という酵素がcGMPを破壊すると、血管が収縮してしまい勃起が収まってしまいます。
バルデナフィルには、勃起の持続性を邪魔するPDE5を壊すことにより、勃起を維持する働きが認められています。

気になる副作用への対応

薬にはどんな薬であっても何らかの副作用がありますが、バルデナフィルも薬の成分ですので当然ながら副作用があります。
特に即効性が高い分、体への影響力も強いため、利用者の約9割に何らかの副作用が予想されます。
顔がほてる、目が充血する、鼻がつまったり鼻水が出る、頭痛や動機を感じるといったものです。
これらの症状は通常は心配するものではなく、多少のほてりや充血などは成分が効いている証拠ともいえるかもしれません。

糖尿病に基づくEDにも効き目がある

もう1つの注目ポイントとして、糖尿病による勃起不全を改善させる効果が期待できます。
血中の血糖値のコントロールが効かなくなることがEDをもたらすと言われており、糖尿病患者の中にはEDに悩まされている人が少なくありません。
様々あるED治療薬のなかでも、唯一、糖尿病性のEDに効果があるのがこのバルデナフィルなのです。